男子個人戦report    2002長浜全中
中国勢上位独占
優勝:八幡・八幡(島根:斐川東)
2位:高杉・長江(岡山:総社東)
3位:池田・中本(広島:向陽) 中本・鈴木(広島:向陽)
5位:玉置・上野(三重:矢渕) 木村・山本(徳島:入田)
廣田・正嵜(三重:矢渕) 川上・松葉(三重:九鬼)
 
 男子は、大きな波乱もなく、順調な1回戦だったが、2回戦に大きな山場を迎えた。昨年度優勝ペアの後衛上嶋・(沖)=兵庫:上郡対ミズノカップ3位の好ペアの藤本・野口(徳島、市場中)との対戦があった。あっという間に3−0になった。市場中のリードである。上嶋の調子が今一歩だったこともあるが、前衛沖の前へ出ていくためのロブが、強風に流され、思うようにコントロールできない。当然相手は前衛にボールを集めるが、結局うまく処理できなく、ずるずるといき、結果3−0で市場中リードとなった。そこから、1ゲームとり流れが変わったかと思われたが、2ゲームとった後、力つき、上嶋組は敗退した。その後、市場中ペアは、ミズノカップ1位の高杉・長江(総社東)と対戦し、敗退することになるが、このベスト8の山は対戦がきつく上嶋組、市場中組とも不運だったと言える。そうは言っても総社東中は、その後も勝ち進み、決勝まで進む快進撃。
 この大会では1年生の参加、活躍が目を引いた。奈良大宇陀の1年生ペア澤田・向井はとても1年生とは思えない、能力の高さを披露した。ソフトテニスは小学生から始めたとはいえ、経験年数を数えると、中3とそう大差ない。後衛のストローク力では3年生以上のものを感じた。1回戦で東北1位ペアを敗り、その後も勝利し、三重矢渕ペアに敗退したが、ベスト16。奈良だけあって、第二の東などと呼ばれているとかいないとか・・。また3位に入賞した、池田・中本(広島向陽)の中本も1年生。昨年全小の3位前衛と言うが、そういってもたいした動きを見せた。彼は、全参加選手中一番小さいと思われるほど小さいながらの前衛で、どうしてもねらいに行きたくなるが、ところが、それを難なく前衛プレーで切り返したりして、相手は、前衛オーバーくらいしか、打つところがなくなっていく。また見極めがよく、とるボールと、後衛に任せるボールの区別がしっかりできていた。向陽はもう1本3位に中本・鈴木が入賞。中本は前述の中本の兄。
 都道府県個人戦優勝の稲積・上坂(冨山氷見北部)は、1,2回戦順当に勝利するも、8きめで、中本・鈴木(向陽)と対戦し、ファイナルまでもつれ込む接戦ながら敗退。ベスト16で終了。
 優勝した八幡・八幡(島根斐川東)は、初戦あわやという試合を何とかファイナルで勝利し、優勝までこぎつけた。順々決勝では、東海1位の玉置・上野(三重矢渕)を敗り、準決勝へ。八幡組の前衛の動きがよく、よくボールを追いかけていたのが印象的であった。しっかりとしたテニスで、決勝もファーストがよく入り、前衛のミスが少なく、総社東ペアも善戦したが、常に押し気味の八幡組が快勝した。八幡組は双子の兄弟。
 
         
 ちなみに画面背景は、全中コートの砂です
 
ホームへ