女子個人戦report     2002長浜全中
 
優勝:杉本・大庭(岡山:就実)
2位:斉藤・村井(新潟:巻西)
3位:堀内・渡(和歌山:荒川) 青木・井上(佐賀:嬉野)
5位:鈴木・中村(岐阜:日新) 佐々木・蔭(北海道:静内三)
三好・三好(鳥取:岸本) 兵庫・別宮(徳島:由岐)
 
 杉本・大庭(岡山就実)は順当の優勝と言える。都道府県個人優勝者であり、3年前の全小チャンプでもある。大庭の調子がさえていて、落ち着いていたのが印象的であった。決勝であわやという場面も見られたが、ファイナルで、風下でのポイントを着実にきめ、4−3で勝利、優勝した。
 準優勝した新潟巻西の斉藤・村井は1,2回戦ファイナルで勝利。ともに危ない試合で2回戦は、奈良の河合一中にほとんど負け試合をマッチ握られてからの逆転勝利。その勢いのまま、春の全国の個人戦で優勝や準優勝を個人で飾った、中川・頭本(日野)と対戦。強烈なストロークで攻めましたが、斉藤はつなぎ、前衛アタックを、ほぼ半分村井がとめ、相手は戦い方を変えるが、ミスが目立ちだし、斉藤・村井に追いつかれて、ファイナルへ。ファイナルは崩れた日野ペアに7−0で勝利。準々決勝と準決勝は、相手に試合をさせないで、快勝。決勝まで勢いで進んでいった。斉藤・村井は後衛と前衛のバランスのとれたペアで前衛の村井が、向かって行く姿勢で、ペアを引っ張っていく。
 前述のように優勝候補の中川・頭本は敗れてしまったが、他の優勝候補の様子も見てみる。佐々木・蔭(北海道静内三)は、好ペア。佐々木のサウスポーから繰り出し強烈なシュートは、随一。ここが、波に乗りに乗ってあがってきた、堀内・渡(和歌山荒川)に敗退する。佐々木が打てなくなり、相手の勢いに押されて敗退する。ベスト8で止まった。この荒川ペアはファイナル0−4から逆転勝利したり、マッチ握られてからの逆転勝利という試合ばかりをかいくぐり、準決勝まで進んで、三位入賞した。
 もうひとつの三位入賞は、井上・青木(嬉野)前衛後衛ともに強烈なドライブのかかったストロークで、勝ち進む。準決勝で巻西に拾いまくられ、調子が出せずに敗退したが、三位入賞。
 女子も一年生ペアが参加で入賞した。三好・三好(鳥取 岸本)はダブル後衛で、相手を翻弄しながら、するするとベスト8まであがった。三年と一年の姉妹ペアでたんたんと試合を進める姿が印象的であった。
 有力候補としてあげていた、福島の鈴木・中村は、一回戦で嬉野に敗退。3−1リードからの逆転負け。ダブルフォルトが多く、調子に乗る前に、負けてしまった。
 
         ホームへ